真の家族葬、それは自宅葬!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、駕音の山口です。近頃、自宅で家族葬できる?、そんな問い合わせがすごく増えています。実際、駕音におきましても自宅葬の施工がまた増えてきています。やはり長年過ごしたいろいろな思いでが詰まった自宅が一番、最後の場所にふさわしいですね。しかし最近の住宅事情などから、あきらめられてる方も多数おられると思います。自宅葬は、6畳一間あれば施工できます。駕音でも、昔ながらの長屋、集合住宅、一軒家、いろいろなご自宅で施工させて頂いています。集合住宅などでは、エレベーターの大きさ、通路の広さなど確認していただかないといけないこともありますが、施工は可能です(例外あり)。会館使用料などの別費用が必要なく更に安価に済ませることもできます。直葬、火葬式、一日葬、いろいろな言葉が出ていますが、真の家族だけでおくる葬儀は、昔ながらの自宅葬なのかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>